ホーム > お知らせ&プレスリリース > トークネットとエネコムが東北地区へIoTソリューションの提供を開始

お知らせ&プレスリリース
News

トークネットとエネコムが東北地区へIoTソリューションの提供を開始

2019年8月8日

東北インテリジェント通信株式会社
株式会社エネルギア・コミュニケーションズ

 

トークネットとエネコムが東北地区へIoTソリューションの提供を開始
~インダストリアルIoTプラットフォーム「FogHorn Lightning™」展開に関する業務提携~

 

 東北インテリジェント通信株式会社(略称:トークネット、本社:宮城県仙台市、取締役社長:三浦 直人)と株式会社エネルギア・コミュニケーションズ(略称:エネコム、本社:広島県広島市、取締役社長:渡部 伸夫)とは、SIパートナーとして業務提携契約を締結し、東北及び新潟エリアの製造業を中心にインダストリアルIoTプラットフォーム「FogHorn Lightning™」の提供を開始いたします。

 

1.提携の背景および狙い

 近年、日本の製造業を取巻く事業環境は、労働人口の減少、匠世代の退職が進むと予測される中、市場からは高まり続ける品質要求・超短納期への対応が求められ、製造現場においてはIoT※1やAI※2などのICTテクノロジーを活用することによる生産改革の重要性が高まっています。
 今回、2社は、製造現場においてデータをリアルタイムで活用できるインダストリアルIoTプラットフォーム「FogHorn Lightning™」を主軸に、回線サービスやデータセンターを組み合わせ、クローズドな環境で、価格面・セキュリティ面も安心してご利用頂けるIoTソリューションを提供することにより、製造業が抱える経営課題の解決を支援してまいります。

 

<FogHorn Lightning™の概要>

 工場内のクローズドな環境にて、複数ある生産設備や外付センサなどの異なるデータ(パーツのシリアル番号・設備異常アラートNo・制御用測定データ・環境データ・ライン名・タイムスタンプなど)を、リアルタイムにデータクレンジング※3処理(結合・解析・意味づけなど)を行い、ミリ秒単位の誤差もなく、生産状態の変化を把握できるエッジコンピューティング※4型のIoTプラットフォームです。

foghorn1.jpg

【FogHorn Lightning™の製品詳細および導入事例のご紹介HP】

製品詳細 https://www.enecom.co.jp/iotsolution/foghorn/index.html
導入事例 https://www.enecom.co.jp/iotsolution/foghorn/pdf/Daihen_UseCase.pdf

 

※1 IoT:Internet of Thingsの略

-様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され、情報交換することで相互に制御する仕組み

※2 AI:Artificial Intelligence の略

-言語の理解や推論、問題解決などの知的行動を人間に代わってコンピューターに行わせる技術

※3 データクレンジング

-取得データを、オペレーションや意思決定や分析などの目的に適った形に成形すること

※4 エッジコンピューティング

-データを収集する端末機器から近い場所にサーバーを設置し、安定的かつリアルタイム性が高いデータ処理が可能となります。小型のサーバー1台から始められるため、回線サービスやクラウド基盤を利用することなくスモールスタートが可能になり、結果に応じて拡張していく事ができます。

 

2.トークネットについて

 トークネットは、2019年7月からIoTを検討中のお客さまの「何をすればよいかわからない」「費用対効果がわからない」といった声に対応し、IoTを使ってお客さまと一緒にお悩みを解決することを目的として『IoT推進プロジェクト』を発足しました。今後、「FogHorn Lightning™」を始めとするIoTプラットフォームサービスの提供を通じ、お客さまが抱えるビジネス課題の解決手段としてIoTの活用を支援してまいります。

<会社概要>
(1)商号 東北インテリジェント通信株式会社
(2)事業内容

(1)電気通信事業法に基づく電気通信事業

(2)電気通信設備およびこれに付帯する設備の工事ならびに保守

(3)電気通信および情報処理に関する機器・ソフトウェアの開発、制作、販売、賃貸 および保守事業

(4)電気通信事業者が提供する電気通信回線の利用者の募集ならびにその利用促進に関する業務の受託および代理店業

(5)前各号に関するコンサルティング

(6)前各号に付帯または関連する一切の事業

(3)設立年月日 1992年10月27日
(4)本店所在地 〒980-0811 仙台市青葉区一番町3-7-1
(5)代表者 取締役社長 三浦 直人
(6)資本金 100億円
(7)URL https://www.tohknet.co.jp/

 

3.エネコムについて

 エネコムは、2016年10月から日本で初めて、インダストリアルIoTプラットフォーム「FogHorn Lightning™」のSI提供を開始し、全国の製造業のお客様をターゲットに、工場やプラント内のヒト・モノ・機械設備における稼動状況のデジタル化および生産現場におけるデータ利活用を促進させ、生産性向上、品質向上、ノウハウ継承、業務高効率化、設備稼働率向上(故障予兆検知)などの経営課題の解決を支援してまいりました。

<会社概要>
(1)商号 株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
(2)事業内容 電気通信事業法に基づく電気通信事業、電子計算機およびその関連機器による情報処理、電気通信および情報処理に関する機器ならびにソフトウェアの開発・製作・販売および賃貸、電気通信設備およびこれに付帯する設備の工事ならびに保守、前各号に関するコンサルティング、労働者派遣事業、前各号に付帯関連する事業
(3)設立年月日 1985年4月1日
(4)本店所在地 〒730-0051 広島市中区大手町二丁目11番10号
(5)代表者 取締役社長 渡部 伸夫
(6)資本金 60億円
(7)URL https://www.enecom.co.jp/

 

4.FogHornSystems社について

 FogHornSystems社(HP:https://www.foghorn.io/)は、2014年にアメリカのカリフォルニア州で創業し、現在もシリコンバレーに本社をおく、インダストリアルIoT プラットフォームの分野におけるリーディング・カンパニーです。
 同社が開発するFogHorn Lightning™は、複雑なストリームデータ処理をリアルタイム分析することができ、AI機能もこれまでにない低遅延で実行が可能であり、非常にコンパクトかつ高度で機能豊富なエッジコンピューティング型のIoT プラットフォームを提供しております。
 現在、多数の世界的メーカー(General Electric・BOSHなど。パートナー企業詳細:https://www.foghorn.io/partners/)から多額の出資を受けると共に、テクノロジーパートナー、OEMパートナー、エンドユーザとしても多数の実績を残しており、インダストリアルIoTの領域で、世界的に注目されているソフトウェアメーカーになっております。

【FogHornSystems社:IIoT/AI Award受賞履歴】
foghorn2.jpg

 

以 上

 

本件に関するお問い合わせ先
東北インテリジェント通信(株) 経営企画部 [齋藤、八木]
TEL:022-799-4203
株式会社エネルギア・コミュニケーションズ ソリューションサービス部 [増田、渡邉]
TEL:050-8201-3080

© Tohoku Intelligent Telecommunication Co., Inc.

トークネット光

pagetop